[お役立ちガイド]日中は自前で夜間は他力でという特徴

昼間太陽が出ている時間に太陽光発電によって電力会社から電気を買わずに利用をすることが出来ます。
太陽光発電で停電対策が出来ますので、もしもの時に安心することが出来るのです。 太陽光発電は「日中は自家発電で、夜間は電力会社」という特徴を利用して電気の契約内容を見直してみましょう。
この電気プランを見直すことにより、これまで以上に太陽光発電ライフをお得に便利にすることが出来るのです。

 

昼間は通常より割高で夜間は割安となる「時間帯別電灯」に変更をしますと電気代を節約することが出来るケースがあります。
しかし昼間に自宅で仕事をしていて電気を多く使用しているような人は逆に割高になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

太陽光発電の設置で大切なことは、自分のライフスタイルをよく考えてみるということです。
電力会社の電気代を減らすためにも、電気料金プランは確認をしておくようにしましょう。



[お役立ちガイド]日中は自前で夜間は他力でという特徴ブログ:2017-06-17

食べ始めると、余計に食欲が刺激されて、
もっと食べたくなってしまうと言う事がありますよね。

特におやつなんか、
1粒食べ始めると止まらなくなって、
ついには1袋全部食べてしまったりして…

これって、ダイエットしていると
「あー、食べてしまった!」
と思ってしまい、
「こんなにこらえ性のないボクには、
 ダイエットなんかできないんだ!」
と思いこんで、
ダイエットに挫折する要因になったりもしているわけですが、
実は誰にでもあることですよね?

みなさんはどうですか?

でも、
これは人間の「生きる」本能に直結した行動なんです。

太古の人間は、獲物がいつ獲れるか分かりません。

せっかく獲れた獲物は余すところなく食べて、
からだに貯蔵しておかないと、
次にいつこういう食事にありつけるか分からないので、
それまではからだに蓄えた栄養で生き延びるように、
からだが作られているのです。

だから、
「ちょっとだけ食べてやめる」
と言うのは、
「全く食べない」よりも難しいのです。

「一口だけ」と言うのは余計につらい思いをすることになるので、
そこはグッとこらえる方がラクです。

…ただし行きすぎはいけません。
極端な絶食は健康を損ね、リバウンドしやすいからだを作るだけなので、
「ほどほど」にしましょう。

からだは食事量の目安として、
午前に1回(12時食の前)、
午後に2回(おやつと夕方食の前)に
軽く空腹感を感じるくらいで調節しています。

それくらいが健康も損ねず、
リバウンドもしないポイントでちょうどよさそうです。

それにライスの前に、腹をすかせておけば、
ライスが美味しく食べられますもんね!