[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?

太陽が出ていれば何かを消費することなく効率的に電力を作ることが出来るのが太陽光発電です。
続々と太陽光発電の導入が行われており、まさに今が時代の変わり目となっているのです。 太陽光発電で可能となる発電量というのは、地域や屋根が向いている方角、そして方位、隣地や周辺の建物の影響などで大きく変わってきます。
そのようなこともあり、明快な発電量に関する情報を調べるために、結構手間がかかってしまうものです。

 

太陽光発電のことについて地域で開催されるメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに参加をしましょう。
あなたが住んでいる自治体の太陽光発電の過去データを知って検討材料にすることが出来ます。

 

もし4kw程度の太陽光発電システムを自宅に導入した時の年間予測発電量は、およそ4500kwh〜5400kwh程度です。
これを通常の電気料金として計算をしてみますと、年間で約17万円〜20万円前後となるのです。

DVDコピーの専門
DVDコピーのコツ
http://www.cpcom.jp/



[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:2017-03-31

ボクが幼い頃、
祖母は、ボクの家から少し離れた所に
一人で暮らしていました。

ボクがたまの日曜日に遊びに行くと喜んで、
ボクの大好きなオカラを
冷蔵庫から出して食べさせてくれました。

祖母が作るオカラは、
ごま油が香ばしく、
挽き肉、人参、キノコや油揚げがふんだんに入っています。

大きいタッパーにビッシリ入っているので、
こんなに食べられないと思っても、
不思議なことにどんどん箸が進みます。

お母さんがオカラを作っても、
どうしても祖母の味にはかないません。

祖母にどうしてこんなに美味しく作れるのか、
ボクは一度聞いてみたところ、
「あんたが美味しそうに食べる顔を想像しながら、
ゆっくりゆっくり作るだけだよ」と、
祖母は優しく語ってくれました。

それでも幼かったボクは、
この美味しさには、
何か特別の秘密が隠されているに違いないと思ったものです。

ボクの出身地・山形では、
大晦日に「納豆汁」というものを食べます。

ゼンマイやキノコ、油揚げ、豆腐、
ズイキイモの茎を天日で乾燥させた「カラトリ」など、
沢山の具が入ったお味噌汁に、すり潰した納豆を入れるのです。

納豆汁には、1年が終わる切なさと、
1年の疲れが一気に吹き飛ぶような温かさとが籠っています。

ある年の我が家の納豆汁は、例年になく美味しいものでした。
具にしっかり味噌と納豆の味が染み込み、
それでいて優しい味にしみじみとなりました。

「これ、今まで食べた中で一番美味しいね!」と
ボクがお母さんを絶賛すると、お母さんは不機嫌になりました。

実はその年に限って、
お母さんは祖母が作ったものを貰ってきていたのです。

ボクはフォローの仕様がなく、
少しバツの悪い大晦日になってしまったのも、
今となっては良い思い出です。

嗚呼,気分爽快