[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている

続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 一般家庭に太陽光発電システムの設置が始まった当初には、1kwで約200万円程度の非常に高価なものだったのです。
しかし現在では1kwで65万円〜67万円程度に価格が低下し、比較的多くの家庭で導入しやすくなりました。

 

太陽光発電の工事単価というのは太陽光発電システム導入の工事価格をシステムの容量で割った金額となります。
もし太陽光発電の導入をこれから検討しようと考えている人は、それを目安として工事単価を知っておくと良いでしょう。

 

住宅の屋根型や、システムの規模、さらには太陽電池の種類によりまして工事単価は異なってくるのでご注意ください。
まず最初は太陽光発電の設置業者に問い合わせをしたり、太陽光発電の比較サイトなどをチェックしてみると良いでしょう。



[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっているブログ:2017-09-23

あたくしがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていたお母さんの
「お子さんに音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は仲間となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざと食べる事を長引かせたりしたこともあります。

あたくしにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなあたくしのために、
お母さんは時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックごはん」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
あたくしにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作りデザートが置いてあって締めになります。

ピクニックごはんもまたワクワクするイベントです。
普段はインスタント味噌ラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしないお母さんでしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
お母さんもそこで一緒に食べるというものでした。

お母さんなりにあたくしに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。